ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

パナソニック docomoに新製品供給見送る

ケータイ/スマホNEWS』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

パナソニックがdocomoに新商品の供給を見送る模様です。



>>東京新聞 パナソニック ドコモに供給見送り 経済(TOKYO Web)

パナソニックが、NTTドコモへのスマートフォン(多機能携帯電話)の新製品供給を今冬以降、見送る方向で検討に入ったことが二十九日分かった。ドコモが韓国サムスン電子とソニーの最新スマホを他社製より安くし、販売拡大を狙う戦略を決めたため、自社製品の十分な販売を見込めないと判断したもようだ。
 折りたたみ式の従来型携帯電話などは引き続き供給するが、スマホの国内事業は消費者向けよりも、企業向けの頑丈な製品に重点を置く。
 一方、海外事業は、米国でのスマホ販売を目指す。米携帯電話三位スプリント・ネクステルを買収するソフトバンクと協力。五月からはインドで現地メーカーに生産を委託しスマホ販売に乗り出した。
 ドコモはサムスンの「ギャラクシー」とソニーの「エクスペリア」の最新モデルを「ツートップ」と位置付けた。パナソニックで携帯電話を担当する宮部義幸常務は、ドコモの戦略に関し「非常にハンディキャップになる。(コスト削減など)戦術変更でどうリカバーするか検討している」と述べていた。
 パナソニックの携帯電話事業は、二〇一三年三月期の営業損益が赤字で、一四年三月期も赤字の見通し。自社で開発から生産、販売まで全て手掛ける「自前主義」を転換し、今後は必要に応じ他社に生産などを委託する。


どんどん日本のメーカーは厳しい状況になってきていますね。docomoがiPhoneを導入しない理由に国内メーカーを守るという予測もありましたが、今回のツートップ戦略で完全にメーカーの信頼を裏切ったというところでしょうか。

商品を卸すのがdocomoなのは分かっていますが、docomo仕様で今まで商品を作ってきてこの仕打、docomoのツートップ戦略の歪が早くもきているのでしょう。確かにSamsungを押すなら国内メーカーを押せよと個人的には思いますが、Panasonicといえばmova時代にはNECと国内市場を賑わえてきましたが寂しいところですね。

フューチャーフォンは好調だとしてもスマートフォンでいえば完全に話題の蚊帳の外。PanasonicもELUGAシリーズを止めて新たなシリーズを立ち上げたほうがいいかと思われます。

業界再編が起きそうな予感がします。

 ケータイ/スマホNEWS

 Panasonic docomo Samsung

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック