ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

ドコモ着信転送設定とMVNO利用での2台持ち運用費

MVNO/格安SIM』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

iP(050)電話のFUSIONを契約し、これでNifMoのデータSIMで通話を受ける環境が整いましたが、後は通話専用機に着信があった場合にiPhone5s(NifMoデータSIM)に通知する設定をします。

通話専用機がAndroidで常時ネット接続している環境ならネットで情報を見る限りアプリを利用して何種類かの方法があったが、現状試しに使っている機種はN703iDでネット接続不可のSIM(docomo iPhone用SIM)。多分方法としては電話転送しか方法が無いと思うのでdocomoの着信転送を申し込み。

参照 ⇒ 転送でんわサービス | サービス・機能 | NTTドコモ


rusiden20150907.png


申し込みが必要だが無料で使えます。申し込んですぐ利用も可能。設定は1421発信で開始、1420発信で停止。若干機種により違うと思うが機種のメニューからでも設定変更可。

003_2015090721363376d.jpg

あと細かいところだがガイダンスのオフ。この電話を転送します・・・というアナウンスを流さないようにも設定できます。これをしておけば転送直後に切られて着信の通知が来ないことは少なくなると思います。

tennsou20150907.png

電話帳の移動の問題は残ってますが、ひとまず全ての設定が完了。これで通話専用機の機種にあった着信もiPhoneで通知、確認出来るようになり、これで来年からの運用料金と用途としては

携帯電話(N703iD仮):docomo iPhone用SIM
用途:電話専用
月額:基本料金743円(タイプXiにねん)+SPモード300円=1043円

iPhone5s:NifMoデータ通信SIM
用途:ウェブ LINE ドコモメール 着信確認
月額:3GB900円+SMS150円=1050円

の分け方が出来た。金額はこれプラス消費税と通話料がかかるが基本料金としては2300円ぐらいに収まる。データ通信SIMはその都度キャンペーンを行なってる所を契約すればもっと安くなりそうです。通信速度もNifMoだけしか体験してませんが思っていたより全然出ている。

この使い方は現在の番号を変えたくない&キャリアメールも残したい私の場合なので、もちろん電話番号も変わっていい、キャリアメールもいらねぇととことん料金を抑えようとしたら、電話はIP電話を利用すれば月額0円なので、3GB900円+SMS150円=1050円で維持できてしまう。当然2台持ちの煩わしさはなくなりiPhone1台で完結する。もっと楽なのは3大キャリアがMVNOの料金並みにパケット定額を安くすれば何ら問題は無いんですけどね。

 MVNO/格安SIM

 MVNO MNP iPhone docomo au SoftBak

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック