ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

docomoとSoftBankの新料金に失望で持ち込みバリュープラン契約を再検討

ケータイ/スマホ雑記』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

SoftBankに続きdocomoも昨年の総務省のるタスクフォースで議論された内容を元に新料金プランが発表されました。

SoftBank↓↓

参照 >> SoftBank、1GBのデータ定額パックを導入 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

docomo↓↓

参照 >> ドコモからのお知らせ : 「カケホーダイ&パケあえる」に「シェアパック5」を追加 -「カケホーダイライトプラン」適用のパケットパックも拡大し、よりご利用いただきやすいプランに- | お知らせ | NTTドコモ

SoftBankと違いdocomoは若干ひねったものを出してきました。あとは決算発表会にて実質0円を2月から止めるのと、2年縛りの更新月を2ヶ月に伸ばすのを3月頃に始めるのを発表↓↓

参照 >> 2016年3月期 第3四半期決算説明会 | 企業情報 | NTTドコモ

2年縛りの更新月は私もちょうど今月が更新月だったのでHPをチェックしましたが載っていなかったのでやはりまだだったみたいですね。この話題は昨年の4月頃に出ていた内容だったがようやくかよという印象。

実質0円はタスクフォースの内容に沿ったものですが、実質0円より、MNPでの一括0円+キャッシュバックのみを無くした方が良かったんじゃないかと。実質0円も確かに利用しているユーザーとしてないユーザーの不公平感はあるものの、一括0円に比べるとかわいいもの。それよりも既存のユーザーとMNP利用での新規ユーザーの待遇の差の方が大きいと思う。

端末の既存の機種変をするユーザーとMNP新規における価格差は酷いもので、有名なケータイライターの方も苦言を呈していたSONYのXperiaZ5 Premium SO-03Hでは実質負担額が5万以上の差がある。下の画像はdocomoオンラインショップでの2016年1月31日時点でのXperiaZ5 Premium SO-03Hの価格。

参照 >> Xperia(TM) Z5 Premium SO-03H | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

左の画像が機種変時、右がMNP利用での料金

dokomosony20160131-2.png

新規やMNP優先なのは昔からなのだが、機能差があるわけでもない同じ機種を買うのにどうしてここまで差を設けられなければいけないのかと。実質0円を止めるのはいいがこの辺の価格差ももう少し考慮して欲しいところ。

auはまだ発表してませんが今回の各社の新プラン等を見ていると、お上に言われたから「ちっうるせーな、これでいいんだろ」と仕方なく出した感じがします。タスクフォースの議論の内容からライトユーザー向けの低パケット料金と、実質0円の是正と、基本料金等は安くなって端末は代は高くなるという方向性は分かっていたので、あまり期待はしていませんでしたがちょっとがっかりでした。

個人的に出ないと分かっていたが、今後に期待したい部分は以下の4点

1. カケ・ホーダイライトの単体契約

前にも書いたが、1700円と謳っているのにもかかわらず実際はパケット契約が必須なので実際はISP料金(SPモード等)やパケットパックを合わせると7000円となる。2年縛りを設けているので単体契約も可能にして欲しい。ちなみに縛りなしだと3200円。

2. iモード/SPモードの無料化or値下げ

これって昔からの慣習で現在もあるような気がします。昨今広がっているMVNOでこのISP接続料を取っている会社がありますかと。無料とは言いすぎと思うのでもう基本料金に込みかパケットパックに込みのプランを用意して値下げの方向でいいんじゃないかと。

3. 2年縛りの2年後の違約金の値下げ

2年縛り自体は基本料金が安くなっているのでいいと思うのですが、せめて2年後からの違約金は減らして欲しい。MAXを現状の9500円として1月ごとに額を減らしていくとか。

4. 基本料金(通話)のガラケーの料金体系をスマホにも適用

現状docomoでは基本料金はカケ・ホーダイ(ライト)のみしか契約できないが上記の通りライトでも単体契約が出来ないので高くつく。そもそも通話に関してはガラケーとスマホで何ら変わる部分が無いので(VoLTEはあったりしますが)同じでもいいんじゃないか。


以上が個人的な願望。今回の新料金で当てはまる人は当然いいと思うが、それ以外の人も多いと思います。これも前から書いてますが、もうあまりネットを使用しない層はMVNOを契約した方がいいのは間違いない。多分1GBを契約する人は家ではWi-Fiとスマホ自体ではあまり通信速度を気にしないと思うので、MVNO契約した方が月々の携帯料金は安くなります。

私は既に通話と通信を分けて2台持ちにしていて、データ通信はmineoを契約しています。mineoでは紹介キャンペーンをやっていてそれに関しては以下参照↓

過去記事参照 >> mineoの紹介キャンペーンとフリータンク2ヶ月目

データ通信に関しては縛りも緩いのでその都度安いMVNOを渡り歩こうかと思っていますが、問題は通話用のdocomoの料金。今はタイプXi にねんを743円で契約していますが、これだと通話がかさんだ時に30秒20円なので高くつく月が出てきます。なのでこれを以前検討していた持込でのバリュープランへの変更を再検討します。

過去記事参照 >> docomoの現行プランから 持込バリュープラン変更の裏ワザ

上記は2台持ちにする前に考えていた事ですが、問題があって、iPhoneではiOS7.1以降はFOMA(ガラケー)SIMでは認識しないという事。逆のiPhone契約SIMカードでFOMA(ガラケー)に挿して使用するというのは現在も利用しているので実証済み。ガラケーに挿して利用する分には問題ないが、故障等を含めていざという時にiPhoneに挿せる方がいいんじゃないかと思ってプランはそのままで2台持ちをしていましたが、電池持ちもガラケーの方が圧倒的に良いですし、2台持ち約2ヶ月が経ちそんな場面は無いなと実感。

通話用のSIMはiPhone用なのでサイズがnano。ガラケーに挿している今はSIM変換アダプターを使用しているのですが、これを抜く際に壊したくないので抜く際は以下に書いたように薄いプラスチックを使用したい。

過去記事参照 >> SIM変換アダプター 抜けない時は

これはブログには書いてなかったと思うが、以前この抜く際に無理に引っこ抜いて1台おしゃかにしています。なので出先で急遽iPhoneに挿したいと思っても上記のアイテムが無いと抜きたくないんですよね。って事で現在通話用に契約しているdocomoのSIMをバリュー化したいと思います。とは言っても該当端末が手元に無いので多分FREETELのSimple2にでもやってみたいと思います。

※2016年2月5日追記

SoftBankとdocomoに続きauも2月1日に新プランを発表しました↓

「スーパーカケホ」に1GBのデータ定額サービス登場! | 2016年 | KDDI株式会社

「スーパーカケホ」に1GBのデータ定額サービス登場


SoftBankと同じくライトユーザー向けに1GBですか・・。本記事内でも書いている通り私が望んでいるものは出てこなかった。それにしても相変わらずauもスーパーカケホの単体契約はさせないと。3キャリア共に頑なに電話かけ放題のライトプラン(docomo:カケホーダイライト、au:スーパーカケホ、SoftBank:スマ放題ライト)を頑なに単体契約させないのは何なんだ。どうせ他社は続くんでしょうけど1社ぐらい出てきてもいいような気がしますけどね。

実際に持ち込みバリュープランに変更した話↓

ドコモの料金プランをXiにねんから、無料通話付きのバリュープランに変更 - MVNO/全般ドコモの料金プランをXiにねんから、無料通話付きのバリュープランに変更 - MVNO/全般 

 ケータイ/スマホ雑記

docomoSoftBankバリュープランMVNOmineo

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック