ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

イオンがMVNO市場に本格参入とFREETELの割引キャンペーン期間延長

MVNO/格安SIM』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

今まで代理店としてMVNOを扱ってきた、イオンがいよいよ通信事業者としてMVNO市場に本格参入するようです。

参照 >> イオンモバイルが変わる


ion20160218.png



まず一番の見どころが、プランの多さ。その数何と

29プラン

ライトユーザーからヘビーユーザーまで全方位に対応したプラン数でMVNOでは最多。docomoはどうだったかと数えようと思ったが旧プラン等があったり面倒なので止めました。

ion20160218-2.png
※引用元:ニュースリリース(PDF)


解約金と2年縛り無し、MNP即日対応とさらに全国のイオン213店舗で故障対応含むアフターサービスも受けれたり(販売は429店舗)、この辺はライトユーザーにはかなりありがたいんじゃないかと思います。この辺は既に実店舗を持っている強みを活かしてきていますね。

フォローが厚い弊害なのか、一応スタートキャンペーンを行うようですがインパクトは薄い。mineoやFiimo、FREETELみたいに無料キャンペーンとはいかず、音声プランで400円、データプランで300円の割引。

ion20160218-4.png

それでも2017年3月分までと約1年間は割引が効くので申し込むならこれを利用する方が良さそうですね。キャンペーン申込期間は2016年2月26日~2016年3月31日となっているので要注意。

プランの多様さと店舗の多さの強みを活かしたアフターフォローの充実さ、イオンモバイルは結構人気を集めそうな気がします。かなり認知度が高まってきたMVNOですが、あまり携帯電話業界に興味無い人から見ると不安な部分は多いと思うが、イオンというネームバリューの強みがあるので年配の方なんかは安心して契約出来るのではないでしょうか。

FREETEL ゼロ円キャンペーン延長


イオンモバイルの話は以上で、次はタイトルにもあるFREETELのキャンペーンの話。以前に書いた最大1年間ゼロ円キャンペーンをFREETELは開始していました↓

過去記事参照 >> FREETEL Simple2はまさかの3種類展開と1年間無料キャンペーン開始

このキャンペーンが対象期間:2016年2月4日(木) ~ 2月22日(月)だったのを3月2日(水)まで延長するようです。

参照 >> SIMフリースマホNo.1記念 最大1年間ゼロ円キャンペーン|FREETEL SIM|FREETEL(フリーテル)

unnamed.jpg


大好評につき延長と謳っているが、今回のイオンモバイルに対抗してっぽいですね。初めから計画通りだった線も否定は出来ないが、何にせよ安くなるなら購入側からするとありがたい話。

雑感


それにしてもMVNO市場はキャンペーン合戦が相変わらず凄いですね。割りとこまめにチェックしている私ですら多すぎて訳わからん状態になってます。元が安いのでキャンペーン利用でもそこまで大きな差は無いが、それでも数千円の差額が出るので普通の時に申し込むと勿体無い。まぁ多いのは嬉しい悲鳴ですね。

当然価格は最重要項目の一つだと思いますが、通信速度も要注意。MVNOは総じて昼間などの混線時は速度が落ち込むので、通信速度の比較をやっているサイト等を見るのも忘れずに。急なユーザー数増加や設備投資不足などあると思いますが、見ていると会社により結構差が出ています。

後は私が今契約しているmineoだとパケットギフトがあり、知人友人にmineoユーザーが居れば安心してパケットを渡したり受け取れたりするのもメリットになります。なので周りの状況も要因になるかと思います。

取りあえず、常にどこかしらがキャンペーンをやっていたりするので結構契約のタイミングが難しい。契約してすぐに他者からより条件の良いキャンペーンがでたというのは避けたい所。キャンペーンの動向が読めないのでどうしようもないんですけどね。

 MVNO/格安SIM

イオンMVNOFREETELdocomoauSoftBankキャンペーン

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック