ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

家電批評4月号で申し込んだSIMカードが到着したので開通させる

MVNO/格安SIM』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

家電批評4月号の付属で付いていたIIJmioのスターターコード。これを使って申し込んでいたプリペイド用のSIMカードが到着していたので開通させました。

001_20160315190312361.jpg

家電批評購入からIIJmioプリペイド申し込みまでの記事はこちら


過去記事参照 ⇒ 今度は家電批評4月号にIIJmioのSIMカードが付属
過去記事参照 ⇒ IIJmioのSIMスターターコード付き家電批評4月号を購入
過去記事参照 ⇒ 家電批評4月号のSIMスターターコードを使ってIIJmioを契約


SIMカード到着までの日数と開通期限


申し込みから到着までの日数は以下

申し込み:3月7日
商品発送メール受信:3月8日
SIMカード到着:3月10日

過去契約した事のあるMVNOキャリアはNifMoとmineo、そして今回のIIJmioで3社ですが、NifMoとIIJmioは配送業者の問い合わせ番号(追跡番号)を知らせてくれたが、mineoは無かったな・・・。今はどうか知らないが、私が契約した昨年は番号の通知は無かったです。

料金が安い分経費を掛けたくないのだろうが、この辺の心遣いはありがたい。事前に配達日時を指定出来たり、再配達もすぐに対応出来たりするので、mineoも問い合わせ番号の通知は対応した方がいいんじゃないかと。

※2016.3.18 追記
マイネ王の投稿で知りましたが、現在はmineoも問い合わせ番号は契約者に知らせているようです。何時から対応したかは知りませんが、ユーザーにはありがたい対応になったと思います。


参照 ⇒ 着々とmineoのサービスが上がっている? | SweetPさんの王国広場 | マイネ王


届いたパッケージを見ると開通期限は2017年3月となっていました。

003_201603151954271dc.jpg

今更雑誌を買って申し込む人はいないと思うが、雑誌に付いていたスターターコードの紙には有効期限2016年5月31日となっています。500MB無料のプリペイドor初期費用無料の月額契約プランが選べるわけですが、プリペイドの場合は一応申し込んでおいて、後はSIMカードの開通期限で日数は調整する方が良さそうです。

IIJmioプリペイドSIM開通手続き


iPhoneでのプリペイドの開通方法を書いておきます。届いたSIMカードには別途START PASSという電話番号とパスコードが付いたカードが付いています。

004_20160315200508bac.jpg

これで最初に開通手続きを電話でする必要があります。カードにも書いてありますが連絡先は以下。

IIJmioオンデマンド開通センター
186-0120-711-122


自動音声でのガイダンスが流れるので音声にそって電話番号とパスコードを入力するだけで簡単に終わります。実は何も読まずに進めたため最初にこの手続を飛ばしていました。過去もプロファイルをインストールしてSIMカードを挿せば使えるものだと思っていたが、プリペイドの契約?は上記の開通手続きが必要なので注意。

後はSIMを挿してプロファイルをインストールすればいいだけですが、IIJmioのアプリをダウンロードしておけば若干簡単に出来ます。このアプリはmineoで言うところのmineoスイッチと同等の物でこれを利用で低速モードは契約パケットを消費せずに使用することが出来ます。

IIJmioクーポンスイッチ ⇒ IIJmioクーポンスイッチ - Internet Initiative Japan Inc.


001 (2)


プリペイドの場合はIIJmioクーポンスイッチは使用出来ないのですが、今回はプロファイルをインストールするのに使用します。当然サイトからも可能。その場合はこちらから↓

参照 ⇒ iOS APN構成プロファイル | IIJmio


アプリからのプロファイルインストール方法はアプリを起動させ[ヘルプ]⇒[構成プロファイルをインストール]で簡単にインストール出来ます。

010_20160315202118a34.png

その際に別のプロファイルが邪魔をしてインストール出来ない場合があるので注意。私の場合はmineoのプロファイルをインストールしているので、これを削除しないとIIJmioのプロファイルが入らない。

012_201603152023278f9.png

後はSIMカードを挿せば使用可能です。

009_20160315202805303.jpg

SIMカードを挿すのとプロファイルのインストールの順番はどちらでもいいですが、プロファイルのダウンロードが必要なので、設定時にWi-Fi環境で無い場合は先にプロファイルのダウンロードは済ませておいた方がいいでしょう。

これで利用期間3ヶ月で500MB使用可能なプリペイドの登録は完了。

IIJmio通信速度


開通させたので早速通信速度を測ってみました。

使うのは昔から使っていこのアプリ↓

Speedtest ⇒ Speedtest.net Speed Test - Ookla


本日19時頃に開通後初計測の速度は↓

014_20160315203443285.png

少し前のデータだがmineoでの通信速度はこちら↓

過去記事参照 ⇒ mineoの紹介ページ掲載の是非とフリータンク3ヶ月目と最近の通信速度

028.png

通信速度に関してそんな一日しかも一回ぐらい測ったぐらいで結論付けるものでも無いので、ITmediaが毎月MVNOキャリアのメイン所を比較していますのでこちらを参考にして下さい↓

2016年2月:通信速度定点観測:Wonderlink LTE FとDTI SIMが好調を維持――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2月編)

2016年1月:通信速度定点観測:Wonderlink LTE Fが好調、So-net モバイル LTEも底堅い――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線1月編)

2015年12月:通信速度定点観測:大混雑の年末に意地を見せた「mopera U」――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線12月編)

2015年11月:通信速度定点観測:FREETEL SIMが再び絶好調――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線11月編)


ITmediaに限らず他の比較サイトでも見ているIIJmioの通信速度の印象としては、特別早くもないが遅くはないという感じがします。今回の場合は500MBしか使えないプリペイドなのでこの辺はどうでもいいですが、MVNOは総じて混線時は3大キャリアに比べ大幅に通信速度が遅くなるのでこれからMVNOを契約予定の方は遅くなる事は頭に入れておいた方がいいでしょう。

雑感


このブログでの人気記事ランキングやネット上の反応を見ているとやはりSo-netの0SIMに比べあまり盛り上がってないですね。やはりAmazonでエントリーパッケージが本代より安く売っているのは大きいですね。

普段から家電批評を愛読していて、MVNOを試したい人がベストな組み合わせだと思いますが、この層がどれぐらいいたか。個人的にMVNOを使いたいけど通信速度等がどれほどか不安な方は私も今使っているmineoの前に契約したNifMoをオススメしておきます。

NifMoは格安SIMかんたんスタートガイドと言うものがあり、これがAmazonで1080円で販売しており、これを利用で初回の事務手数料が無料、そして2ヶ月間無料で利用出来る物があります。

Amazon ⇒ はじめての格安 SIM かんたんスタートガイド ([実用品])


過去記事参照 ⇒ NifMo 格安SIMかんたんスタートガイド 注文
過去記事参照 ⇒ NifMo 格安SIMかんたんスタートガイド 到着


取りあえず家電批評4月号付属のIIJmioスターターコードを利用してプリペイドを開通させましたが、使い道に困る。使用期間は3ヶ月あるので500MBといえど低速モードを利用したらいいかと思ったがプリペイドはこれが利用不可。

Q.IIJmioプリペイドパックのSIMカードで、「クーポンのON/OFF」はできますか?

A.いいえ、できません。「クーポンのON/OFF」(高速/低速通信の切り替え)機能は、IIJmio高速モバイル/Dサービスへのアップグレード後にご利用いただけます。


参照 ⇒ IIJmioプリペイドパック for BIC SIM|BIC SIM powered by IIJ


と言う事で適当に通信速度を測って、後一回ぐらいブログに投稿してこのネタは終了の予定。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043
IIJmio SIMカード ウェルカムパック マイクロSIM [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] 【Amazon.co.jp 限定】
はじめての格安 SIM かんたんスタートガイド ([実用品])

 MVNO/格安SIM

家電批評IIJmioSIMスターターコードMVNONifMoAmazonエントリーパッケージ

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック