mineo(マイネオ)キャンペーンや裏ワザお得情報まとめ【2018年最新版】

mineo紹介用URL201808

ストレート携帯ブーム到来!2017年-2019年は「INFOBAR xv」「Niche Phone-S 4G」「un.mode phone01」「Simply(602SI/603SI)」「Niche Phone-S」が発売予定

全国1000万人のストレート機種を待ちわびている人に朗報です。

2015年にFREETELがSimpleを販売して以降、他キャリア(メーカー)含め販売されなかったストレート機種をが少しづつ出てきています。

本記事では“テンキー付き”ストレート機種をまとめています。

【更新】
[2018年]
10月12日:INFOBAR xv 更新
09月07日:INFOBAR xv 更新
09月04日:NichePhone-S 4G 更新
08月25日:un.mode phone01 更新

[2017年]
01月23日:初回投稿



INFOBAR xv


p_index_01a.jpg

*更新:2018.10.12

auの人気シリーズINFOBARの最新モデル。


[スペック]
画面:約3.1インチ
サイズ:約48x138x14.0mm
重量:114g
バッテリー:1,500mAh
連続通話時間:約600分
連続待機時間:約530時間

カラー展開はINFOBARと言えば定番の赤ベースのNISHIKIGOI、青ベースのNASUKON、ピンクベースのCHERRY BERRYの3色展開となってます。

fhdhzer.png


機種発表以外にもクラウドファンディング『Makuake』でプロジェクトも発表。2018年7月12日から8月30日18時まで実施。

内容は4つ。

①クレジットタイトルにお名前をクレジット(3,240円、限定数無し)
②専用ケース(3,240円、限定計1,000個)
③原寸大オブジェ(7,560円、限定計900個)
④深澤 直人氏サイン入り原寸大オブジェ(10,800円、限定100個)

現状の支援状況を見るとケースが人気なようです。欲しい方はお早めに。

p_index_04a.jpg

[非対応サービス/機能]
キャリアアグリゲーション:×
フルセグ/ワンセグ:×
耐衝撃/防水/防塵:×
赤外線:×
NFC/おサイフケータイ:×

[販売価格と発売日]
価格:5万円台前半
発売:11月下旬

2018年9月4日から本体予約受付開始。



NichePhone-S 4G


NichePhone4G_image_main (1)

*更新:2018.09.04

2017年に発売されたカードサイズのストレートケータイ NichePhone-Sの後継モデル『NichePhone-S 4G』が9月に発売されます。前モデルから4G対応、バッテリー容量アップ(550→1000mAh)と進化しています。前モデルも記事中の別項目で紹介してます。

発売日:2018年9月14日
価格:12,800円(税抜)

サイズ:90 × 50 × 9.5 mm
重量:約52g
RAM / ROM:512MB/4GB(ユーザー使用可能領域約1.8G)
液晶:0.96 型モノクロ有機EL
電池容量:1,000mAh
連続通話時間:約3時間
連続待機時間:約110時間
充電時間:約2時間
SIM カードスロット:nanoSIM
対応バンド:
・GSM:900(B8)/1,800(B3)
・WCDMA:800(B6)/900(B8)/2,100(B1)
・FDD:800(B19)/900(B8)/1,800(B3)/2,100(B1)
機能:
・テザリング機能
・音楽再生
・ボイスレコーダー機能
・Bluetooth機能
カラー:ブラック/ホワイト


LTE対応とバッテリー容量アップしています。デザインはボタン部分が洗礼されています。




テンキー付きではないので本記事での紹介はしないが、同じくカードサイズの「カードケータイ KY-01L」が2018年11月下旬よりdocomoから販売される予定。


un.mode phone01


detail_4813_1532910382.png

*更新:2018.08.25

株式会社テラが「un.mode」というブランドを立ち上げ、その第一弾としてストレート機種「phone01」を発売します。

製作から検査までは株式会社住本製作所が行う。日本メーカーと言う事で安心感はあります。

価格:7,480円(税込8,078円)
発売時期:2019年1月

[スペック]
サイズ:124×57×19mm
重量:102g
バッテリー:1450mAh
対応バンド
 W-CDMA:800/2100MHz
 GSM:850/900/1900MHz

記事中の紹介機種の中で一番カラー数が多く、購入予定の方はいい意味で悩ましい問題となりそう。

・ブラック
・レッド
・シルバー
・マットブラック
・ホワイト

detail_4813_1534322898.png


ストラップホールも上部に付いてます。個人的には下部に付いている方が良いんですけど。

detail_4813_1534224436.png

その他後述で記載しているMAKUAKEのページのよくある質問から、気になる部分を抜粋。

Q2:auのSIMも利用できますか?
A2:ご利用いただけません。phone01はドコモ、ソフトバンクの3G回線(BAND1、BAND6)に対応しております。事前にご確認をお願い致します


Q3:OSは何ですか?
A3:Android をベースとしたオリジナルのOSです。
Q5:アラーム機能はありますか?
A5:ございます。
Q7:留守電機能はついていますか?
A7:ついておりません。
日本メーカーが本気で作る。本格SIMフリー携帯 un.mode phone01 コミュニケーション 詳細 149034 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)


この機種も最近流行りのクラウドファンディングをMAKUAKEで展開しており、定価より安く入手することが可能になってます。

5,650円コース(先着50名/30%OFF)*売り切れ
6,460円コース(先着100名/20%OFF)*売り切れ
6,860円コース(15%OFF)
11,300円コース(ペアセット/30%OFF)*売り切れ
6,860円コース(15%OFF)
32,000円コース(全5色セット/35%OFF)
*2018年8月25日現在

既に目標金額は達成し、そして何個か売り切れ状態になっており、ストレート機種に一定の需要を感じます。

*プロジェクト終了日:10月19日 23:59


この機種の発売はもう少し先ですが、ブランド第二弾も期待せずに入られない。


SoftBank Simply(602SI)


*更新:2017.04.03

発表の順番としては後述で紹介しているワイモバイルから発売予定の『603SI』が先に発表されましたが、兄弟モデルの『602SI』も同時に技適通過したようです。

確認は総務省のHPから(*こちら)。

・(一財)テレコムエンジニアリングセンター

・1月 438-39

・後

fhdthdt.png

恐らくだが、『602SI』はSoftBankから出るだろうと予想される。そして形状やスペックはほぼ同じで、違うのはそれぞれ販売されるキャリアロゴぐらいか。もしかしたらカラー展開に若干の違いは出るかもしれない。

発売は603SIと同じく2017年夏以降でしょうか。

個人的にはプリペイドのラインナップでも提供されると嬉しいかも。

そして価格も現在プリペイドで提供されている301Zの6,458円ぐらいならいいんですけどね。ちなみに301ZはSIMロック解除不可端末です。


取りあえずSoftBankの次回の発表会では何らかの情報が出ると思われるので要注目。

*更新:2017.10.20

2017年9月13日に行われたSoftBankの2017-18年冬春商戦向け新商品発表会(*こちら)では発表がなかったので、もしかして発売されないのか的な追記をしようかと思っていた本日、SoftBank版 Simply(シンプリー) が発表されました。

注目点はシンプルスタイル(プリペイド)用として販売される事。

スペックや対応周波数はほぼY!mobile版と同じなのですが、SoftBank版はVoLTE非対応

Y!mobile版はVoLTE対応していることを考えると、この辺りで価格差を付けるのかもしれない。後はプリペイドとY!mobile版と契約形態が違う点も価格がどうなるかは注目。

Simply(SoftBank版)の発売に合わせて、4Gケータイ向け新料金プラン(100MB/300円)が用意されるが、実際の端末価格はまだ不明。

発売日は2017年11月下旬以降


*更新2017.11.08

SoftBankが、SimplyのVoLTE対応バージョンを『Simply B』として法人向けに販売すると発表しました。

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の法人向け新商品として、「The 電話」をコンセプトに開発した、シンプルで持ちやすく、使いやすいストレートタイプのケータイ「Simply B(シンプリー ビー)」(セイコーソリューションズ株式会社製)を、2017年12月上旬以降に発売します。


“ソフトバンク”、法人向け商品として「Simply B」を発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ


カラーがホワイトのみの提供になってますね。この辺含めて法人仕様ってところでしょうか。

法人向けなら、カメラ無しバージョンもあってもいいんじゃないかと思う。

*更新:2017.12.11

Simplyの発売日が2017年12月15日と発表されました。

価格は5,980円(税抜)。併せて100MBプラン(300円)も提供される模様。

SIMロック解除に関してSoftBankに問い合わせた所、契約後から可能とのこと。後述の『SIMロック解除』項目にて詳細。

ソフトバンク株式会社は、基本使用料無料で使いたい分の料金を前払いする“ソフトバンク”の「シンプルスタイル」向けに、「The 電話」をコンセプトに開発した、シンプルで使いやすいストレートタイプのケータイ「Simply(シンプリー)」(セイコーソリューションズ株式会社製)を、2017年12月15日に発売します。


“ソフトバンク”、基本使用料無料の「シンプルスタイル」向けに「Simply」を12月15日発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ


*更新:2017.12.15

予定されていた通りオンラインショップでSoftBank版 Simplyの販売が開始されました。

価格は6,458円(税込)
カラーは3色展開(レッド/ダークブルー/ホワイト)

注意点がSoftBankのSimplyはVoLTEが使えない。これに関してSoftBankのSIMカードを差し替えればVoLTEは使えるかもしれない、と気になったので問い合わせましたが結果はSIMカードを差し替えてもVoLTEは使えないとの返答でした。

screenshot_02_20171216111632e53.png

*更新2017.12.27

SoftBank版SimplyのVoLTE状況は、上記に問い合わせた(*チャット)通り使えないとの返答。しかしネットの情報を見ると使えるとの情報が上がっています。またSIMロックを解除すればdocomoのSIMでもVoLTEが使用可との事。

結局どうなんだって事で、再度SoftBankに問い合わせ。今度はメール。

「Simply」はVoLTEに対応している機種になります。

しかしながら、弊社では「シンプルスタイル」として提供しており、「シンプルスタイル」は現在VoLTEに対応しておりません。

以上のことから、「Simply」を通常契約でご利用いただいた場合に、VoLTEのご利用が可能かの明確なご案内を差し上げることができません。

そのため、大変恐縮ですが、お近くのソフトバンクショップにてご確認いただければと存じます。


注目は『「Simply」はVoLTEに対応している機種』ってところで、機種自体に制限はかかっていないようですね。若干濁した返答になっていますが、後述しているY!mobile版のSimply(603SI)との兼ね合いでしょうか。端末代金を考えるとY!mobile版との差は明確ですから。

もう一つ情報修正で、こちらは私の確認不足の部分。それはシンプルスタイル契約時の手数料について。契約事務手数料3,240円(税込)自体の費用は以前書いていた通りなのですが、その事務手数料は『無料チャージの金額より引き落とし』となるようです。

シンプルスタイル Simplyは無料チャージ4,000円分付きなので、実質的に端末代金6,458円(税込)だけでSimplyが購入可能と。

screenshot_06_2017122718522114b.png

[シンプルスタイル]新規契約、機種変更の際に事務手数料はかかりますか? | モバイル(FAQ) | サポート | ソフトバンク



Y!mobile Simply(603SI)


発表されたのはY!mobileの2017年春モデルの発表会にて。

機種名:603SI
メーカー:セイコーソリューションズ
OS:Android
その他:VoLTE対応
発売時期:2017年夏以降

発表会で公開された情報は、上記に加え画像も公開されました。

発表会動画は以下。
*上記画像のみ

603SIの情報は34:18~


*更新:2017.05.31

正式名称やサイズ含め、603SIが正式発表されました。

機種名:Simply(シンプリー)
コンセプト:The 電話
ディスプレイ:約2.4インチ
サイズ:約50×132×13.8mm
重量:約115g
バッテリー:1,770mAh
カラー展開:3色(レッド/ホワイト/ダークブルー)
OS:Android(*アプリ追加不可)
発売時期:2017年8月上旬以降

デザインやコンセプトは当初発表された通りになった。あとは価格と、細かな所で言うとプリインストールアプリは気になる所。続報が出次第記述します。


*更新:2017.08.05

「Simply」の発売日が 2017年8月10日 と正式発表されました。


*更新:2017.08.16

上記で書いていた通り8月10日にSimplyが発売され、Y!mobileオンラインストアでも取り扱いが開始されています。

気になる価格は

■一括購入
価格:23,868円
月額:36円

screenshot_05_20170816194458303.png

■分割24回払い
頭金:540円
月額:1,008円

screenshot_06_201708161944560ea.png

*上記はいずれもオプションを付けずの価格

やはりキャリアからの販売なので、契約回線が少しネックか。FREETELのSimpleみたく、早々に売り切れなんてことはないので、SoftBankから出ると言われている602SI(*正式発表なし)と条件を比べてからでもいいかもしれない。

価格等は同じの可能性があるが、プリペイド携帯としても取り扱われるとしたら、縛りが嫌いな人はそちらの選択肢もありえる。


FREETEL Simple2


対する本家本元FREETELのSimple2ですが、一応Twitterでの増田社長の言では2017年前半の発売だそうです。


まだ情報があまり出ていないのですが、こちらはSIMロックフリー機で出る可能性が高いので、まずはこちらの発売を楽しみにしたい。

*更新:2017.10.02

9月26日付の発表で、FREETELのMVNO事業を楽天が買収することが発表されました。

FREETEL側発表
会社分割に関するお知らせ | FREETEL(フリーテル)
楽天側発表
会社分割(簡易吸収分割)による事業の承継に関するお知らせ - PDF

モバイル端末事業は継続する様ですが、日本の電機メーカーも撤退している中、端末で勝負するのは相当厳しいと感じます。その中でSimple2の様な端末を出せる余裕があるのか。

もうSimple2に関しては出ないと思った方がいいかもしれません。

*更新:2018.01.07

2017年12月30日に残っていた、携帯端末製造販売事業を株式会社MAYA SYSTEMに譲渡する事が発表されました。

これでSimple2が出るとしたらFREETELではなく、MAYA SYSTEMから。それでも出るかどうかは微妙な所か。

2017/12/30 (コーポレートお知らせ)

携帯端末製造販売事業の譲渡に関するお知らせ

プラスワン・マーケティング株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:増田 薫)は、株式会社MAYA SYSTEM(本社:東京都新宿区 代表取締役 内籐 献)に携帯端末製造販売事業およびFREETELブランドを譲渡することで合意いたしましたので、お知らせいたします。

事業譲渡の理由
弊社は、12月4日にエンドユーザーの皆様等への影響を最小限に抑えるべく、民事再生手続開始を申立て今日までスポンサー候補の株式会社MAYA SYSTEMとの協議を重ねて参りました。その結果、弊社の携帯端末製造販売事業を株式会社MAYA SYSTEMに譲渡する事でエンドユーザーの皆様等へのサポート体制、および販売の早期再建を行ってまいります。


携帯端末製造販売事業の譲渡に関するお知らせ | FREETEL(フリーテル)


Niche Phone-S


futuremodelphone-02-3 (1)

*追加:2017.07.16

この記事で言及している通り、本当にブームが起きそうな感じで、新たにテンキー付きのストレート機種が出てきました。

その名は『Niche Phone-S

今流行のクラウドファンディング(*Makuake)で企画された商品で、既に目標金額は達成で商品化は確定。


気になるスペックはこちら。

機種名Niche Phone-S
ディスプレイ:0.96型
サイズ:90×50×6.5mm
重量:約38g
バッテリー:550mAh
カラー展開:2色(ホワイト/ブラック)
OS:android4.2

サイズ、重量、何よりデザインは非常に惹かれる部分があります。性能としてもテザリング機能もあるので良い。

注意点としては

①3G回線(*LTE非対応)
②FOMAプラスエリア非対応
③バッテリー持ち

個人的には①②はどうでもいいが、③は非常に気になる。

小さいがゆえのこの問題。バッテリーが約3日しか持たない。

連続通話時間:約3時間
待機時間:約72時間

実利用を考えると、実質1日か2日しか持たない様な気がします。先ほどテザリングもあって良いと書いたが、3Gでバッテリー容量が少ない事を考えると実用部分では厳しいかもしれない。

しかし人気は凄いようで、6,980円の【超早得!限定100名様】Niche Phone-S1台(35%OFF)は既に売り切れ。

一応現時点で2個セットで14,800円の【早得!限定50名様】Niche Phone-S2台(30%OFF)はまだ27個在庫がある(*7月15日現在)。通常コースとして8,980円も申込可。

バッテリー持ちを考えると使わない様な気はするが、非常に迷ってます。一桁間違ってましたってことなら即申し込みするが、現状だとちょっと迷う。

*更新:2017.11.06

NichePhone-Sの全国家電量販店での販売が11月10日からと、予約受付が11月6日からが発表されました。価格は9,980円(税抜)。

・アスキーストア
・App Bank Store
・コジマ
・スマートラボ
・ソフマップ
・ビックカメラ
・二子玉川 蔦屋家電
・ヨドバシカメラ

フューチャーモデル株式会社が通話とテザリングに特化し国内最小・最軽量*のカードサイズを実現したSIMフリー携帯電話を全国大手家電量販店などで販売します。予約の受付は11月6日(月)、販売は同10日(金)を予定しています。


国内最小・最軽量*のカードサイズを実現したSIMフリー携帯電話「NichePhone-S(ニッチフォン-S)」全国家電量販店などで11月10日から販売開始! - フューチャーモデル株式会社のプレスリリース


販路の拡大で購入しやすくなるのと、直接触れる機会があるのも良いことなんですが、この機種評判があまりよろしくない。

デザインは惹かれるものがあるんですけど、以前も述べている通りスペックにメイン機種として使うには厳しいのを感じる。

・バッテリー持ち
・対応バンド(ドコモ2.1GHz)

購入される方は要注意で。



SIMロック解除


*追加:2017.08.05

ストレート機種が複数発売される予定でデザインも違うので楽しみな部分は多いのだが、肝心な部分でSIMロックの問題があるのでまとめます。

[SIMロックフリー]
・un.mode phone01
・NichePhone-S 4G
・Niche Phone-S

[SIMロックあり]
・INFOBAR xv
・SoftBank Simply(602SI)
・Y!mobile Simply(603SI)

SIMロックがあるということは、回線契約の必要もあり、またネットオークション等で購入の際は注意が必要になる。

タイミングがいいことにSIMロックがかかっている602SIとSimply(603SI)を販売するSoftBankとワイモバイルが、SIMロック解除の条件緩和を2017年7月19日に発表。

今までは購入日より181日目以降(*2015年5月以降発売機種)に可能だったのが、101日以降に変更。そして2017年12月1日以降は一括購入端末なら支払い確認後からSIMロック解除が可能と条件が変更されます。


*更新:2017.12.11

SoftBankのSimplyのSIMロック解除に関してSoftBankに問い合わせたところ、契約後からSIMロック解除は可能とのこと。上記で書いた新ルール適用ってことでしょう。

解除費用は以下。

My SoftBank(WEB):0円
SoftBankショップ:3,240円

screenshot_03_201712111918051ec.png

Y!mobile版のSimplyの発売日は新ルール前なのは注意。

Y!mobile Simply(603SI)
発売日:2017年8月15日

SoftBank Simply(602SI)
発売日:2017年12月15日

まとめ


screenshot_21_201810121316329a6.png

更新:2018.08.25

FREETEL Simple2は残念ですが、続々とストレート機種が発売される状況になっており、以前と比べ選択肢が格段に増えているのは嬉しうい限り。

紹介した機種の中で良い物がなかった場合。こんな選択肢もありかなと。

小さいスマホ→Xperia等
QWERTYキー→BlackBerry
旧機種外装交換→NOKIA

機種は増えて嬉しい悲鳴ではあるが、こうなると一定の満足度はあるので、次はフリップタイプやスライド等、少し違う機種も欲しい所。

記事中でも目にするクラウドファンディングのMAKUAKEですが、アプリも対応しています。

スポンサードリンク


Simple2603SIY!mobileFREETELストレート機種

通話用機種』カテゴリの関連記事

fireseries.png

週間人気記事ランキング

Comments 0
コメントする