ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

mineo渋谷に行けないが、パケットが割引券になる『コーヒータンク』機能を使ってみた

mineo』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

今回は2月1日にオープンにした、mineo渋谷に合わせて追加された『コーヒータンク』機能を、mineo渋谷には行かないが試しに使って見たいと思います。

更新状況


2017.03.29:コーヒータンク仕様変更
2017.03.16:コード未受取 追記

コーヒータンク


このコーヒータンク機能はminoeのパケット100MBを使うことで、mineo渋谷にある1Fのドリンクメニューが100円引きになるシステム。

この割引券(QRコード)はマイネ王のマイページのメニューから発行。

dtjtetej.png

マイネ王登録とeoID連携は必須。

その他の注意事項はこちら。

※ 割引用QRコードを発行したタイミングで、パケット(100MB)は消費されます。
※ 使用しなかった場合は、1週間後にパケットが返還されます。
※ 使用していない状態のコードを、最大5枚まで発行できます。
※ 発行したQRコードは、注文時にスタッフにご提示ください。


fdjdthdth.png

コーヒータンク割引券を発行


『割引用QRコードを発行します。
この操作は取り消しができません。よろしいですか?』

と注意事項を確認したらOKボタンで先に進むとQRコード発行。

rehetheh.png

あとは注文時にこのQRコードを提示するだけで、ドリンクメニューが100円割引と。

ドリンクの種類はこちら。

menu (1)

CAFE&SWEETS ピピピピィー! - OFFICIAL WEBSITE


ドリンクの大きさや店内の様子は、mineo渋谷オープン時の動画で確認出来ます。

*2.26~5:18


まとめ


コーヒータンクの割引を使うと、コーヒーが250円。この値段でタバコが吸えるなら、サラーリーマンの休憩には最適だろうな。恐らく喫煙不可だとは思いますけど。

それにしてもこのコーヒータンク機能はいいですね。パケットを仮想割引券(クーポン)に使うという発想が面白い。このシステムは今後流行るか、mineoのアピールポイントになるような気がします。

mineoを気持よく契約してもらいたい的な部分でも、このQRコードを手軽に使ってもらえるシステムが出来たらいいかも。イメージ的にはクーポンをmineoユーザーが発行している感じで、今○○件のクーポンが発行されていますみたいな。そしてお店を利用する方が自由にそれを利用出来る。

取りあえずコーヒータンクの機能が、mineo渋谷以外でも使えるようになってからの話ですけど。割引券として使うなら他業種とのコラボももありえそうです。

今回発行したコードを誰かに使ってもらいたい場合、実際に使うまでそのコードが有効かどうか分からないと思う(*利用していないので詳細は不明)。というか発行した人以外が使用しても問題ないのだろうか。確認する限りそれがNGの記述は見当たらないが。

という事で、mineo渋谷に行く機会がある方で、1Fのカフェに立ち寄る方は お礼コメント等は不要 なので、発行した上記のQRコードを 早い者勝ち でご自由に使って下さい。

むしろこのコーヒータンク利用後の表示を自分で確認したいので、誰か使ってくれないかなというのが本音。

コード未受取の場合
*更新:2017.03.16


上記で発行したコードは残念ながら未受取で戻ってきました。

これは注意書きに『※ 使用しなかった場合は、1週間後にパケットが返還されます。』と書いてある通り。マイページの表記は以下になりました。

gjkgjh.png

細かく言うと期限切れ直後は『有効期限切れ』の表示で、その後に上記の『払い戻し済み』に変わった。

以前パケットギフトをブログでばら撒いた時は受け取りは早かったんですけどね。ブログの人気の無さか、mineo渋谷限定が厳しかったのか。恐らく前者。後は複数発行しておけば良かったかもと思わなくもない。

今回の実験?は失敗に終わりにましたが、システム的には以前も書いた通り面白い。審査待ちで時間つぶしでカフェでドリンクを飲んでしまい、後で割引券あったんかよと気付いた時は何気に損した感が出ると思う。だから新規契約でmineo渋谷に行った方に、既存のユーザーが割引券を発行しフォローするみたいな。

それこそフリータンクの他人の引き出し方や使い方に文句がある方も、使い方が限定されるコーヒータンクなら不満はないでしょう。

コーヒータンクは今後mineoがどの様に発展させていくのか、そして利用ユーザーがどの様な使い方を広げていくのか要注目。

コーヒータンク仕様変更
*更新:2017.03.29


2017年3月30日よりコーヒータンクの仕様が変更になります。変更されるのは以下の2点。

■パケット消費タイミング
変更前:割引チケット発行時に消費
変更後:割引チケット利用時に消費

■割引チケットの有効期限
変更前:1週間
変更後:発行当日限り

通常利用される方は特別問題無いと思います。

どうせ仕様変更になるので、もう使えなくなる裏ワザを書いておきます。ポイントとなるのはルール変更される パケット消費タイミング です。

この記事中で試しに発行した割引券ですが、使用されなくて戻ってきました。そのパケットはどこに戻されるのか。それはデータ通信量明細照会で言うと ギフト容量 の所に返却される。

勘の言い方はもうお分かりだと思いますが、前月繰り越し容量 から割引券が発行した場合はパケットの使用期間が伸びるわけです。

つまり通常対人で行うパケットロンダリングをmineoと出来ていたわけです。パケットロンダリングに関してはこちら(参考↗)

発行可能枚数は5枚で、確か1週間後にパケットが戻ってきた時にこの枚数も戻っていたと思います(*記憶曖昧)。そんあ制限もあるので月に約2000MBしか入れ替えはできませんが、少量で運用している方でロンダリングの相手がいない方には一つの手法としてはアリだったかもしれない。

もう一つ付け加えると、フリータンクの新ルールの一つでアウトがイン容量より多い方は1000MB以下でないと引き出せないのを、割引券を発行して調整する方法もあります。発行したものは返ってくるので無駄に使う必要が無い。

いずれも変更後は出来ないので要注意。

 mineo

mineoMVNOmineo渋谷パケットコーヒータンク

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック