Simple2終了!FREETELが楽天に買収

テンキー付きのストレート機種『Simple2』を待ち望んでいた人には、大変残念なニュースが入ってきました。

同機種を販売を予定していたFREETELがMVNO事業を楽天に買収となりました。

更新履歴


[2017年]
12月06日:民事再生手続開始
09月26日:初回投稿

FREETEL買収


2017年9月26日付のFREETEL発表

会社分割に関するお知らせ

当社は、平成29年9月25日開催の取締役会において、会社分割の方法を用い、当社が営む国内MVNO事業を、平成29年11月1日付(予定)で楽天株式会社(以下、「楽天」という)に承継(以下、「本取引」という)することを決議し、本日平成29年9月26日に楽天と合意したためお知らせします。


会社分割に関するお知らせ | FREETEL(フリーテル)


楽天側の発表

当社は本日開催の取締役会において、平成 29 年 11 月 1 日を効力発生日(予定)として、会社分割の方法により、プラスワン・マーケティング株式会社(以下、「POM 社」という)の営む国内 MVNO 事業(ただし、一部サービス1を除く)を承継することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。
なお、本会社分割は、当社においては会社法第 796 条第 2 項の規定が適用される簡易吸収分割に該当することから、開示事項・内容を一部省略して開示しています。


会社分割(簡易吸収分割)による事業の承継に関するお知らせ - PDF


端末事業は残るのでSimple2も・・・。

本取引によって当社はモバイル端末事業への投資に、より注力することが可能になるため、さらにコストパフォーマンスに優れたモバイル端末を開発し、国内外へ提供できるようになります。


上記の楽天が発表したpdfファイルの情報を見ると、だと結構な負債も抱えていたようで、希望は持ちたい所ですが、望み薄の様な気が。

2017年3月期売上高 100億5,900万
当期純利益 -55億3,000万円(赤字)
負債合計 30億9,000万円

screenshot_02_2017100319471763e.png

screenshot_03_2017100319471822d.png

日本の有名電機メーカーですら、携帯電話、スマートフォン事業から撤退しているので、FREETELが端末だけで勝負となると厳しいのは過去の端末の出来からも分かる。

実はFREETELの変調は前々から少し感じていました。2017年7月に以下の記事を書いていた時には、なんかやばそうだなと思いながら書いていた。


上記の記事で書いていたのは以下の内容。

・増田社長のTwitter更新が止まっている
・2016年には5月6月と行なった発表会が2017年はない
・2周年キャンペーンが弱い
・毎週増速マラソン(*設備増強) 終了

そしてこの時期に、対iPhoneユーザー狙いのキャンペーンを何ら打たないことから更に疑念は強まっていた中でのこのニュース。

もう一つ違和感があったのはメルマガ。Simple2の情報がいち早く欲しいので、FREETELのメールマガジンに登録していたのですが、案内が多いのは中古PCや自社の新古スマホの情報。

FREETELメルマガ買収直前

前々からこんな内容だったと言われればそうなのかもしれないが、先のFREETELヤバくね?と感じ始めてからは、メルマガの内容が 現金集め に注力しているようにしか思えなかった。

いや企業なのだからお金儲けは当然なのだが、FREETELがメルマガを使ってアピールするのがそこか?って話。

MVNOキャリアの事業撤退は以下の記事に書いてます。


それにしてもFREETELってMVNOキャリアの中では、上位のシェアを持っている会社だったのですが、これが撤退ってMVNO事業は厳しいんでしょう。

まぁFREETELは自社端末を用意したり、イメージキャラクター(*芸能人)を用意しCMを打ってたり、MVNOの中でも特殊な部類だったと思います。

MVNO事業を売ってしまった今となっては、その戦略は悪手だったと見えるが、他社の様に知名度やバックが大きい会社でないFREETELが,、正攻法として端末は中華SIMフリー機を扱いつつ、設備増強や宣伝は適度にとやっていてもどの道ジリ貧。

だからこそ嫌悪感があった方もいるであろう、

・made by Japan
・業界最速&販売シェアNo.1

の表記部分でも個人的には許容範囲だったわけです。*一部表記について消費者庁から措置命令を受けています。

要は攻めざるを得なかった状況だったのではないかなと。

こういうのを見ると、以前mineoのフリータンク枯渇騒ぎがあった時でも言及していた、

「mineoが無くなっても マイネ王やフリータンクが残るといいね」

ってことも現実味を帯びてきます。

結局は価格以外の付加価値で攻めているように思えたmineoでさえ、利用者を惹きつけるには大きなキャンペーンをやらざるを得ないってのがMVNO業界の現状です。


上記キャンペーンってデータ通信と音声がついて、データ通信のみを契約している私より安いんですからそりゃ安いですよ。大手が体力勝負をし始めたら、小さなところはもう勝てません。

MUSASHIやSimpleの様な機種を出す会社なんて、昨今の日本では本当に珍しい。だからこそ好意を抱いていた会社ではあるのですが、Simple2を待っている人には残念なニュースでした。

2017年はストレート機種が他にも発売されている。それでもSimple2は本当に残念。


民事再生手続開始


*更新:2017.12.06

2017年12月4日に民事再生手続開始の発表がされました。

1.民事再生手続開始の申立て

弊社は、本日、東京地方裁判所に再生手続開始の申立てを行い、これに伴い、同裁判所より、本日付で、監督命令及び弁済禁止の保全処分が発令されました。また、三宅・今井・池田事務所の蓑毛良和弁護士が監督委員として選任されております。

エンドユーザーの皆様には、本申立てによりご迷惑・ご心配をお掛けすることになり心よりお詫び申し上げます。

弊社は、関係者のご協力も仰ぎながら様々な再建方法を模索して参りましたが、今般、資金繰りの悪化により、債権者の皆様に対して従前どおりお支払いを継続することが困難となりました。このような事態を受けて、弊社としては、資金繰り破綻によりエンドユーザーの皆様にご迷惑をおかけする事態を回避するために、やむなく本申立てを行うことを決意するに至った次第です。


プラスワン・マーケティング株式会社 民事再生手続開始の申立て等に関するお知らせ | FREETEL(フリーテル)


併せて一部サービスの利用受付の停止も発表。

・とりかえ~る
・特別買取サービス
・PREMIUM端末補償
・FREETEL Coin

楽天モバイルに移ったユーザーに対し、現状ではサービス維持も発表。

平成29年12月4日(月)にプラスワン・マーケティング株式会社の民事再生手続開始申立が受理されたことを受け、楽天株式会社が提供しているサービスご利用中のお客様へお知らせ致します。

「FREETEL SIM」などの通信サービスご契約中のお客様におかれましては、これまでと同様にご利用頂けますのでご安心ください。サービスの提供内容及び料金、適用中のキャンペーン等に変更はございません。(お客様での手続き・設定変更は必要ございません。)


楽天株式会社提供のサービスをご利用中のお客様へ | FREETEL(フリーテル)


*更新:2018.01.07

残っていた携帯端末製造販売事業を、株式会社MAYA SYSTEMに譲渡する事が2017年12月30日に発表されました。

2017/12/30 (コーポレートお知らせ)

携帯端末製造販売事業の譲渡に関するお知らせ

プラスワン・マーケティング株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:増田 薫)は、株式会社MAYA SYSTEM(本社:東京都新宿区 代表取締役 内籐 献)に携帯端末製造販売事業およびFREETELブランドを譲渡することで合意いたしましたので、お知らせいたします。

事業譲渡の理由
弊社は、12月4日にエンドユーザーの皆様等への影響を最小限に抑えるべく、民事再生手続開始を申立て今日までスポンサー候補の株式会社MAYA SYSTEMとの協議を重ねて参りました。その結果、弊社の携帯端末製造販売事業を株式会社MAYA SYSTEMに譲渡する事でエンドユーザーの皆様等へのサポート体制、および販売の早期再建を行ってまいります。


携帯端末製造販売事業の譲渡に関するお知らせ | FREETEL(フリーテル)

スポンサードリンク


Category:MVNO/格安SIM
Tags:FREETELMVNO撤退買収楽天モバイル

amazon タブレット

Audible