今日の人気ページ

Amazon“ステマ”レビューを断ったら、ブログへのiPhoneX用ケースレビュー依頼が流れた話

ありがたい事に、またもや商品レビュー依頼をいただきました。

このブログを評価してもらえたと単純に嬉しい話なんですが、今回のレビュー依頼の話は流れました

厳密に言うと先方からの返答がないので、そう言うことだろうと判断して今回のこのネタを書いてます。

レビュー引き受けの明確な条件は決めていないのですが、今のところのスタンスとしては 自由に書かせてもらえるなら と考えています。

あとは細かなところで、今回のレビュ―依頼商品はiPhoneX用ケースだったのですが、対応機種を持っていない+今後も使用するか不明な商品で、使用レビューではないがいいかとかそんなレベル。

今回この条件は先方は快く?OKしてくれた。

しかし当然先方にも何かしらの条件はあるもんで、先方が出してきた条件は


ブログでのレビュー

Amazonへのレビュー



しかも5つ星のコメントが必要と


要はステマしてねって事だもんなぁこれは。

Amazonへのレビューも求めることは


「お宅のブログだけじゃ割に合わないから、Amazonレビューもね」


と言っているように思えるんですよね。

舐めてますね、完全に舐めてますよ。

星5つの指定がなければと言いたい所ですが、実はルール的にもこの手の事は、Amazonでは許可されていない。

・金品などの対価(レビューの対価として支払い、ボーナスコンテンツ、キャンペーンやコンテストへの参加資格、値引き、追加商品その景品等)を受けることを目的としてレビューを投稿すること
・購入者が、商品の代金を返金してもらうことを約束したうえでレビューを投稿すること


Amazon.co.jp ヘルプ: カスタマーレビューについて


もしこの行為を行なったせいで、アカウントに何らかの制限がかり、Amazonアソシエイトにも影響がと考えた場合に、レビュー用に貰ったサンプル商品じゃ全く割りに合わない。

勝手なイメージですが、アフィリエイトの中でも特にルールに厳しいのがアソシエイトだと思っています。

で、Amazonのレビュー条件は無しを提示したのですが、ここから返事がなくなったとさ。

まぁ分かりますよ、向こうはビジネスですから、綺麗事だけじゃダメなことも。

でも思うわけですよ、御社の商品は5つ星を指定しないといけないレベルの商品なんですかと。もっと自信持てよと。

という事でAmazonレビューを見るときはもしかしたら、この条件で引き受けたレビューがあるかもしれないって事を頭の片隅に。

今回、最も舐められているなと感じたは、Amazonステマレビューをバラされるってことも十分考えられるわけで、バラされても問題ないと思われている点。

スポンサードリンク


 ブログ の関連記事

ブログ
ブログレビュー依頼Amazon

fireseries.png

amam.png
0 Comments
コメントする