mineoが通信速度の目標値を変更?実際の速度は如何に【4月10日頃から少し快適に】

私が利用しているmineoは通信速度の部分において、自社の情報を可能なかぎり公開しているMVNO。

①毎日の状況をお天気アイコン表示で公開
②毎月の増強を公開


③スタッフブログで月毎のネットワーク・トラフィック状況を解説


④通信速度目標値の公開

昼間1Mbps 夕方3Mbps

MVNOを展開している会社が数百社ある中で、これだけの情報を提供しているのは珍しく、私がmineoを好きなポイント。しかし公開しているからこその場合もあり、上記の中で昼間1Mbps 夕方3Mbpsが少し話が変わってきていた。

まず③で公開しているマイネ王のスタッフブログの記事において、2017年12月より測定方式と目標値の変更がありました。

2017年11月以前:測定アプリ1個/目標値 昼間1Mbps 夕方3Mbps

2017年12月以降:測定アプリ3個/目標値 昼間0.5Mbps 夕方2.0Mbps

数値だけ見ると、単純に目標値が半分下げた印象なのですが、運営の意見がこちら。

また、スピードテストの目標値についてですが・・・
数字上の値が下がったので誤解を与えてしまったのかもしれませんが、私たちは目標速度の基準を下げたのではありません。

本文中に記載したとおり、スピード測定はアプリによって測定結果が大きく異なるので、一つのスピード測定アプリの結果だけで、mineoの通信品質を把握するのではなく、複数の測定結果を用いるべきだと考えました。

分かりにくい表現となって恐縮ですが、1Mbpsから0.5Mbpsに目標値を下げたのではなく、もともとの目標値を今の測定方法に合わせると(この3つのアプリの平均値で表すと)0.5Mbpsという値になったということです。目標としている品質は変わっていません。


12月~1月のmineoのネットワーク状況について | スタッフブログ | マイネ王


今月の記事でも補足されています。

1月より3種類のスピードテスト結果を平均する形でトラフィック状況をお伝えしております。この方法について「基準を下げたのではないか?」という意見を多数いただいており、その見解についてもう一度お伝えしたいと思います。

私たちの品質基準は、混雑する平日のお昼休みでも「メッセージの送受信やWEB閲覧等、最低限のことができること」です。これをあるスピードテストアプリで表すと1Mbpsであり、これを目安として増強を行っておりました。ところが、アプリによって測定結果が異なることがあり、1つのアプリの測定結果だけで評価することは好ましくないことから、現在はアプリによる偏りをなくすため、アプリを3種類用いて測定しその平均値で評価する方法をとることにしました。その結果、「0.5Mbps」という基準値になりました。数字だけを見ると「1Mbps」の半分になったように見えますが、平日のお昼休みに最低限のことができるという当初の基準は変わっておりません。
分かりづらい表現で誤解を招いたことは申し訳ありませんでした。

なお、アプリ業者との取り決めのため、測定に使用しているアプリ名を開示することはできませんが、3種類とも一般に公開されていて無料で使用できるアプリです。


2月~3月のネットワーク状況と通信品質の評価方法について | スタッフブログ | マイネ王


取りあえず今後もA社のアプリでは1Mbpsが目標値ということでいいのだろうか。若干分かりづらいような気もしますが、アピールのトーンが変わったのは間違いない。

それこそ昼間1Mbps、夕方3Mbpsと言うのはアピール材料になったが、それが今更昼間0.5Mbps、夕方2.0Mbpsと言うのは弱い。だからこそニュアンスを「メッセージの送受信やWEB閲覧等、最低限のことができること」にしたいのかもしれませんね。

MVNOにおける昼間と夕方の通信速度の考え方


今回の件、説明は若干気になる部分ではあるのですが、それほど憤慨しているというのは全然ない。と言うのももう2年以上もMVNOを使っていると、遅いのは承知しているから。

ちなみに現在docomoやauを使っている方は0.5Mbpsと聞くとMVNOはかなり遅いイメージを抱くと思いますが、昼間や夕方以外は速度は出ています。後述でこれを書いている時に測定した数値を出します。

では昼間や夕方どうするかというポイント。

閲覧サイトやアプリを変える

遅い時間帯が分かっているからこそ、それに合わせて自分が変わったほうが気持ち的に楽。それこそ目標値を大きく上回る増強はおそらく今後もしない可能性が高いから。

機種を変える

通信速度なんてものは結局のところ、体感でどう感じるか。となるとロースペックな機種よりも、ハイスペックな機種を使ったほうが体感速度は上がる。

ダウンロードやアップロードの際の絶対的な速度の部分で時間がかかることはあるが、手持ちのパケットを消費しない低速モードでテザリングをしてパソコンでネットすると結構使えた。


最終的には料金との兼ね合い。それでも通信速度は速いにこしたことはないんですけどね。

初めてMVNOを契約予定の場合


MVNOの通信速度で一番引っかかる方が、現在docomo、au、SoftBankを利用の方で、MVNOを契約予定の方だと思います。その場合におすすめ方法を3つ。

通信速度比較サイトでチェック

MVNOを常時、定期的に速度比較があるので参考にする。ポイントとしては、上下する部分でもあるので、ある程度安定しているMVNOを選ぶ。


お試しで契約

私がこのパターンで契約しました。契約予定のMVNOを取りあえずお試しで契約してみると、実際にMVNOがどんなものかが分かるので安心。

メインの電話番号でいきなり契約すると、合わなかった時にリスクが大きい。解約自体に違約金は取らないMVNOは多いですが、MNP転出手数料を取るところは多い。

回線を3Gにして試す

お金を掛けたくない場合はこちら。iPhoneで言うと[設定][モバイルデータ通信][通信のオプション][4Gをオンにする]をオフにして回線4G(LTE)から3Gにします。


これで通信速度が格段に落ちる。数値的には昼間の速度の一周りしたぐらいでしょうか。この速度で日ごろ自分が見ているサイトやアプリでどこまで実用に耐えれるか分かるます。同時間帯に計測したmineoの4Gでの通信速度、低速モードの通信速度も。

094.png

上記を見てもらえば、混む時間帯以外では下り19.3Mbpsと速度が出ているのが分かると思います。

上記の通信速度計測で利用したアプリはOoklaのSpeedtest。マイネ王の記事で3つのアプリの内、A社とされているのがこのアプリだと思います。


mineo速度計測


冒頭の話題に戻します。今回のネットワーク状況の解説記事において、変更があったのはそれほど重要視していないのですが、それが本当なのかは気になる部分。

で、実際にmineoを契約しているので定期的に計測をと考えている。しかし問題が2点。やるならばmineoと同じ状況で計測したいのですが、使用しているアプリが不明。

もう一点がただ単に面倒。以前mineoのプレミアムコースを利用していた時に定期的に計測していましたが、結構面倒でした。


やるかやらないかは未定ですが、やるならば上記の記事のように計測して、この記事で公開していきます。

通信速度基準値 修正


*更新:2018.03.20

夕方の基準値を1.5Mbpsと記載していましたが、2.0Mbpsと情報元記事に訂正が入りました。それに伴い本記事の記載の1.5Mbpsも2.0Mbpsに修正。

大変申し訳ありません。グラフ上で夕方の基準値が1.5Mbpsと表記しておりましたが、2.0Mbpsの誤りです。皆さまに基準値を変更したと誤解を与えてしまいました。お詫びして訂正します。夕方の基準値は先月と変わらず2.0Mbpsです。


気まぐれトラベラー@運営事務局さんのコメント | 2月~3月のネットワーク状況と通信品質の評価方法について | スタッフブログ | マイネ王


新基準


*更新:2018.03.26

記事中で紹介しているスタッフブログの記事に、運営の今後の基準が明確にされました。

お昼の基準に「少なくとも1つのアプリで1Mbpsを超えること」を加えましたので、夕方の基準も同様に1つのアプリで3Mbpsを超えることは追加します。
まとめると次のようになります。

【スピードテスト基準】 
・3つのアプリの平均で0.5Mbpsを超えること (夕方は2Mbps)
・少なくとも1つのアプリで1Mbpsを超えること (夕方は3Mbps)


気まぐれトラベラー@運営事務局さんのコメント | 2月~3月のネットワーク状況と通信品質の評価方法について | スタッフブログ | マイネ王


若干歯切れは悪くなったような気がしないでもないが、基準とするのは過去と同じと。

また続くコメントには今後の基準を一段上げるとの記載もあります。

また、最近はトラフィックの混雑が顕著になっており、「速度が遅くなってきた」という声が増えてきました。次回からは増速の基準を1段階上げていこうと思います。4月10日頃からは現状より快適な状態になると思います。


上げると言ってもMVNOレベルでの話なので、そこまで大きく期待しない方がいいと思うが、注目すべきはこういう事を発表するmineoの姿勢です。ここまで発表するMVNOは中々ないと思います。

投稿:2018.03.17
更新:2018.03.26

スポンサードリンク


Category:mineo
Tags:mineoMVNO通信速度マイネ王スタッフブログ

amazon タブレット

Audible