今日の人気ページ

mineo(マイネオ)キャンペーンや裏ワザお得情報まとめ【2018年12月】

mineo紹介2019_1

auの新サービス『着うたフルプラス』

ネットを見てますと、Walkman Phone, Xmini(W65S)に落胆したユーザーが多いみたいですね。

時期も悪かったように思う。秋冬モデルでの他キャリアに比べて見劣りする数の発表、そして契約数におけるauの不調、だからこそ今回のソニー・エリクソンの機種に、期待していたユーザーも多かったと思う。それでも仙道ならなとかしてくれると、スラムダンクの仙道に対する期待感のように。

メーカー側もここまで機能を絞ると批判が出ることは分かっていたでしょう。だからこそ、最近の多機能の携帯電話の中で潔い機種と思えるんですけどね。

Walkman Phone, Xminiと同時に発表された着うたフルプラスですが、すぐに他キャリアでも追随するのは明らかだとは思いますが、先陣を切ってサービスを開始するのは、以前の勢いを彷彿させるものがありますね。しかも値段も、従来の着うたフルと変わらない値段で提供するようですし。

esrs5yt5.jpg

しかし対応機種がWalkman Phone, XminiとW65Tのみ。2009年春モデルの機種から対応みたいですけど、これだと既に発表、発売されている秋冬モデルの売上に多少なりとも影響が出ると思う。この辺がソフトウェアのアップデートで対応しないのが、日本の携帯電話のつらいところですね。

今回のような件は、着うたを売る為に、機種の再生できるファイル形式に制限を付けているツケが回ってきたんではない?。もうmp3やmp4など音楽ファイル形式を何でも再生できるようにしてしまえ!ってのは無理なんでしょうか。

しかしながらauに限った話では無いですが、300万パケット超えたユーザには通信速度に制限をかけておきながら、今回の着うたフルプラスのようにデータ量が増える、WEBサービスを追加するのはなんか矛盾しているような気がします。

スポンサードリンク


モバイルNEWS の関連記事

Category:モバイルNEWS
Tags:au着うたフルプラスWalkmanPhone,XminiSony

amazon タブレット

amazon music
コメントする