ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

サムスン ギャラクシーS4購入で2万円相当の商品券贈呈

ケータイ/スマホNEWS』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

docomoが打ち出しているツートップ戦略ですが、一方のソニーのXperia A SO-04Eが売れすぎて、なりふり構わずになってきているようです。

サムスン


>>サムスン、ソニーの善戦に“ギャラクシーS4”値下げで反撃 (中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース

サムスン電子が日本のスマートフォン市場でのソニーとの競争に押されないために値下げカードを持ち出した。

3日、日本経済新聞はサムスン電子が他社からNTTドコモに乗り換えてギャラクシーS4を購入した顧客に対し、2万円相当の商品券を贈呈する方式の値下げを実行中だと報道した。

NTTドコモは最近、ギャラクシーS4とソニーのエクスぺリアAを戦略製品に選定して集中的に販売促進費を出していた。だが価格が1万円ほど安いエクスペリアAが1カ月間で64万台売れたのに比べ、相対的に高いギャラクシーS4は3週間で32万台にとどまったことが分かった。

日本経済新聞は「サムスンがソニーとの販売量の差を価格差にあるとみて値下げに踏み切った」と解説した。市場調査機関BCNによれば、ソニーは6月の第1週に日本のスマートフォン市場で36%の占有率でアップル(25%)とサムスン電子(13%)を抜いた。これでソニーは3年ぶりに日本国内市場で1位に上がった。

サムスンが、値下げ勝負の賭けによって日本国内のスマートフォン占有率をどれだけ引き上げられるか成り行きが注目されている。


6月末の時点で販売台数は、Xperiaが83万、ギャラクシーS4が40万みたいです。予想ですが、契約により次回のツートップに入るかどうかの数字に達してないのでしょう。キャリアの割引ではなく携帯メーカーが割引を行うのは珍しいですからね。

次回ツートップ戦略をとるかは分かりませんが、またSamsungをツートップ戦略に入れるようなら、パナソニックをに続き、メーカーそしてユーザーがどんどん離れていく気がします。

 ケータイ/スマホNEWS

docomoXperiaSamsung

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック