ヒビコレ

iPhone使いの携帯・スマホ関連の雑記ブログ

2717930.jpg

docomo社長 加藤薫氏インタビュー

ケータイ/スマホNEWS』カテゴリの関連記事

スポンサードリンク

docomoの社長の加藤薫氏のインタビュー記事です。


>>docomo IDがターニングポイント:ドコモが取り組む「新しいキャリア」の姿とは?――NTTドコモ 加藤社長に聞く (1 3) - ITmedia Mobile

<一部引用>
―― スマートフォンの製品としては、今年の夏商戦は「ツートップ戦略」を導入しましたが、その手応えはいかがでしたでしょうか。

加藤氏 手応えはあります。順調だと評価しています。6月末時点で、(ツートップの)Xperia Aは約83万台、Galaxy S4は約40万台という結果ですから、きちんと成果を出しているといえるでしょう。

―― Xperia AとGalaxy S4で差が開きすぎていませんか?

加藤氏 やはりそう思いますか(苦笑)。当初からGalaxy S4はXperia Aの半分ほどの売れ行きというのは変わっていません。実際の販売状況で見ますと、Xperia Aはフィーチャーフォンからの買い換えのお客様を中心に人気がありますね。一方、Galaxy S4はどちらかというとハイエンドユーザー向けですから、市場が一般ユーザー層の買い替え需要にシフトしている影響が数字に表れたのだと見ています。

―― 今回のツートップ戦略は、フィーチャーフォンユーザーの買い替え促進や新規契約の獲得では効果が出ています。しかし、ドコモにとってもうひとつ重要な指標である「MNPでの顧客流出抑止」という点ではいかがでしょうか。

加藤氏 現時点では、MNPでの流出抑止ではあまり成果が上げられていません。そういった数字が出ると思います。ただ夏商戦はまだ続きますので、もう少し(販売施策面で)工夫をしていこうと思っています。MNPに関する効果の評価は、もう少し様子を見ていきます。


Xperia A SO-04E売れてますね。5インチでなく女性にも持ちやすいのがいいんでしょうかね。

MNPは元から母体が多いdocomoが不利なのですが、現状、販売機種では他キャリアから同じのが出ている、キャリアのサービスも似ている、そしてキャリアのサービスを超えてのアプリ(LINE等)が出ている今、同じキャリアに縛られる必要性が少なくなっているのでしょう。

>>キーパーソンインタビュー -ケータイ Watch-

<一部引用>
――iモードからの移行ということであれば、フィーチャーフォン風の操作メニューを搭載する「ELUGA P」「MEDIAS X」のどちらかがツートップの一角になってもよかったのでは、と思えます。

 機能・性能をみたときに、そこは(iモードユーザー向けとして)「Xperia A」のほうが適していると判断しました。そして実際にiモードからの乗り換えが「Xperia A」の総販売数のうち6割を超えているのです。

 ドコモの目的としてはスマートフォンユーザーのベースを増やし、その上でバリエーションがあって喜んでいただけるアプリ、サービスを提供したい、というところですから、現状はありがたいところだなと思っています。

――「Xperia A」と「GALAXY S4」の販売数はちょっと違いがありますね。

 その違いはあまり気にしていません。両機種のテイストには違いがあって、「GALAXY S4」のほうが先端的なスペック、「Xperia A」は初めてスマートフォンに触れる方にも使いやすいモデルです。

――iモードユーザーのスマートフォンへの移行期だから「Xperia A」の販売数が伸びている、ということでしょうか。

 そんな気がしています。値段の違いも(影響が)あるのかもしれませんね。


これは質問者の方が聞きたいのは、なぜXperia A SO-04Eが選ばれたかじゃなく、GALAXY S4の代わりにELUGAやMEDIASで良かったんじゃないかってことだと思うんだけどな。

企業のトップとしてはSamsungの機種が売れてないのは話題にしたくないのでしょうか。あくまでソニーと比べてですがね。割引+ショップでの押し売りはあるでしょうが、個端末で見たら十分売れている数字です。

最後に話題になったLINEでのdocomo専用通話ボタンについて。

――「LINE」との提携では、ドコモ専用ボタンが用意される予定だそうですが、無料通話が特徴の1つである「LINE」に有料通話というところでギャップを感じることもありそうです。

 そのあたりは動向をよく見ていく必要があるでしょう。ただ「ケータイ Watch」をご覧になるような方は使い分けられるでしょうし、クオリティを重視するよりも音が通じればいいという方は、これまで通りのVoIPを利用されるのかもしれません。


全体的にケータイ Watchのインタビューはちょっとひねった質問をしてますね。もちろんいい意味でですが、面白いです。当然のごとく動向をよく見る必要もなく、なぜ無料通話のアプリに有料通話ボタンを付ける必要があるのか。まだ該当アプリが出ていないので何とも言えないで、出た時のまたブログのネタにします。

やはり過去のdocomoの社長と同じく全体的にズレてますね。docomoの瞑想は続きそうです。

 ケータイ/スマホNEWS

docomoiPhoneMNPLINE

スポンサードリンク

今日の人気ページ

Fireタブレットが4,000円OFF-

0 Comments

コメント *クリック